フェアチャイルドマンゴーフェスティバルのご紹介

米国カリフォルニア州にあるフェアチャイルドトロピカルボタニックガーデンでは、例年マンゴーの祭典が行われています。かつて日本熱帯果樹協会の宮崎での総会で講演をしてくださったノリスレデズマさんは、こちらの学芸員としてお仕事をなさっています。

今年のマンゴーフェスティバルは24回目を迎えます。以下のようなアジェンダで開催されます。皆さんもフロリダを訪れてみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちらをご覧ください。

※Fairchild Tropical Botanic Gardenホームページより引用

fairchld_picture

Agenda

9:00 a.m. Registration

9:30 a.m. Growers Summit at FTBG. Noris Ledesma, PhD, Fairchild Tropical Botanic Garden.

9:40 a.m. National Mango Board Resources for your Mango Business, Manuel Michel

10:00 a.m. Current Status of Mango in Florida, Jeff Wasielewski, University of Florida/IFAS, Miami-Dade County Extension

10:15 a.m. Mango in California, David Karp, University of California.

10:30 a. m. Domestic Mango Production in the Caribbean, Yair Aron, PhD, Martex S.A, Puerto Rico.

10:45 a.m. Organic Mango Production, Steve Green, PhD. University of Miami.

11:00 a.m. Mango Challenges and Alternatives for South Florida, Richard Campbell, PhD, FTBG.

11:30 a.m. Opportunities for Mango Domestic and Regional. Open Discussion.

12:00 p.m. Lunch

1:30 p.m. Cultivars Suitable for Sustainable, Niche and Organic Production. Noris Ledesma, PhD., FTBG.

2:00 p.m. The Domestic Mango Grower: How to Compete. Richard Campbell, PhD., FTBG.

2:30 p.m. Improving mango production and disease management with biocontrol, systemic acquired resistance, and a focus on the rhizosphere, Craig A. Campbell, Valent USA Corp.

3:00 p.m. Interspecific Mango Breeding Program at Fairchild, Noris Ledesma, PhD., FTBG

3:30 p.m. Citrus HLB and the Struggle for a Solution as a Lesson for the Mango, Ed Stover, PhD. USDA

4:00 p.m. Open Forum

4:30 p.m. Mango Flavors: Tasting and Discussion

5:00 p.m. First Look and Discussion of “Mangos of the Word Display”

6:00 p.m. Mango Festival Kickoff Party

第1回日本アボカドサミットを開催しました

美容・健康・ダイエットなど,アボカドへの関心が高まる中,国内でいち早く産地化に取り組んでいる松山市において,平成27年11月26日(木)にまつやま農林水産物ブランド化推進協議会との共催で,第1回日本アボカドサミットを開催しました。日本熱帯果樹協会員や松山市民等から約700名の参加があり,盛況に終わりました。

主催者あいさつの後に,基調講演,アボカド産地の紹介があり,ロビーではアボカド料理の紹介とレシピ配布や試食,アボカド各品種の展示,沖縄県及び鹿児島県、松山市のアボカド紹介等が行われました。翌日は3か所の現地視察を行いました。

(※詳細な内容は,ニュースレターにて掲載いたします。)

沖縄県中央卸売市場見学&接ぎ木実演会を開催しました

平成28年2月27日(土)
沖縄県中央卸売市場(浦添市)
参加者13名(日本熱帯果樹協会 沖縄支部会員等)

会員の呼びかけで有志を募り、中央卸売市場での熱帯果樹の取扱状況を見学しました。

朝6時からの見学会でしたが、参加者からは「普段見られない市場流通の様子が見られ面白かった」等の感想が得られました。

市場見学後は、会員による「冬季熱帯果樹の四方山話」と題した講演が行われ、アテモヤ、スターフルーツおよびインドナツメに関する情報共有が行われました。

その後、会員が持ち寄ったホワイトサポテとカニステルの台木と穂木を教材とし、接ぎ木実演会が実施されました。

熟練者の参加者は詳細な接ぎ木の理論説明と実技を披露し、今回初めて接ぎ木に挑戦する参加者は技術の習得に意欲を燃やしました。

【市場に出荷された果実の説明を受ける会員等】

【熟練者による接ぎ木指導を受ける会員等】

雑誌「現代農業」の2月号にJTFA鹿児島支部の東愛理さんの執筆記事が掲載されました

雑誌「現代農業」の2016年2月号にJTFA鹿児島支部会員:東愛理さんの執筆記事が掲載されました。

記事のタイトルは、「アボカド 輸入品に楽勝の品種がたくさん」です。
近年、熱帯果樹ファンには注目を集めている国産アボカドの情報です。

是非、雑誌「現代農業」2月号を書店で手にとってみてください。

会報「熱帯果樹」第7号を発行しました

会員の皆様には、先月発送が完了しています。
また,原稿をご執筆いただいた皆様ありがとうございました。

We have issued our bulletin, “Tropical Fruit Lovers No.7”.

内容

① 百果是真味(悲劇のアボカド品種の子供たち)
② フィンガーライム原産地を訪ねて
③ フィリピン熱帯果樹紀行
④ 2015フェアチャイルドガーデン おすすめのマンゴー品種
⑤ 第2回種苗交換会(沖縄支部)
⑥ ピタンガはジャムもおいしい

※次号(第8号)の原稿を募集しています。
 詳しくはお問い合わせください。

We are waiting for your posting of the essay, travelogue, manuscripts about the tropical fruit.

第1回日本アボカドサミットを開催します

まつやま農林水産物ブランド化推進協議会と共催でアボカドサミットを開催いたします。
アボカドをテーマとした初めての会合で,国産アボカドの最先端に触れる機会として,
多くの会員の皆様の参加をお待ちしています。

【 内 容 】
日 時:平成27年11月26日(木)13:00~16:45
場 所:松山市総合コミュニティセンター キャメリアホール(愛媛県松山市湊町7丁目5)
※ 会場の駐車場は有料です。
日 程:
12:00~ 受付
13:00~ 開会
13:15~ 基調講演 「国産アボカドの将来性について」(講師:米本仁巳さん)
14:00~ 基調講演「 観光地ハワイのアボカド産業の現状と今後の戦略」(講師:ケン・ラブさん)
14:30~ 基調講演 「アボカド料理の魅力と可能性」(講師:佐藤俊介さん)
15:45~ アボカドの産地紹介(鹿児島県、和歌山県、松山市)
16:45   閉会
18:30~ 情報交換会(会場:リジェール松山)  

【 参 加 費 】 無料(情報交換会では会費5,000円(税込)を徴収します)

【 申 込 方 法 】
1.日本熱帯果樹協会会員
 申し込み締切:平成27年10月31日(土)
  参加申し込み先
 日本熱帯果樹協会事務局 担当:前田
 参加申し込み用紙をご記入の上,Eメール又はファックスでお知らせください)
 FAX:0986-38-7208 E-mail:tachia707102@yahoo.co.jp

参加申し込み用紙のダウンロードは【こちら】

2.会員でない方
 申し込み締切:平成27年10月31日(土)
  参加申し込み先
 松山市農業指導センター 担当:柴
 参加申し込み用紙をご記入の上,Eメール又はファックスでお知らせください)
 FAX:089-970-3915, E-mail: ngsidoc@city.matsuyama.ehime.jp

【松山市総合コミュニティセンターへの地図はこちら】

JTFA沖縄支部会員:新城明久さんの執筆記事が雑誌に掲載されました

雑誌「現代農業」の2015年9月号にJTFA沖縄支部会員:新城明久さんの執筆記事が掲載されました。
記事のタイトルは、「畑を三倍楽しむ 熱帯果樹園にシモンイモマルチ」です。

記事の内容は、新城さんが2015年5月30日に開催された日本熱帯果樹協会沖縄支部総会の基調講演された内容と同じです。

是非、雑誌「現代農業」9月号を書店で手にとってみてください。

沖縄県中央卸売市場の見学会を開催しました

平成27年7月20日(月)海の日
沖縄県中央卸売市場(浦添市)
参加者7名(日本熱帯果樹協会 沖縄支部会員等)

会員の呼びかけで有志を募り、中央卸売市場での熱帯果樹の取扱状況を見学しました。
祝日朝6時からの見学会でしたが、参加者からは「普段は見学する機会がないので、面白かった」等の感想が得られました。

市場見学後は、参加者での情報交換を行う場が設けられ、品種談義や接ぎ木のやり方等に関する話題で盛り上がりました。


【市場に出荷された果実の説明を受ける会員等】


【マンゴーの競り状況を見学する様子】

日本熱帯果樹協会 鹿児島支部総会・講演会を開催しました

平成27年6月6日(土)
鹿児島市山下町(宝山ホール)
参加者約60名(鹿児島県民、日本熱帯果樹協会員)

【鹿児島支部総会】
平成26年度の実績と平成27年度の計画について了承されました。会員間の情報交換の活性化のため,各種イベントを開催します。

【講演会】
石畑清武会長「レイシの魅力と栽培方法」
レイシの歴史,生態,品種,環状剥皮等栽培上のポイントなどを講演されました。先生が作成された貴重な冊子の無料配布等。

中野八伯さん「台湾における苗木購入と持ち込み方法」
台湾現地からの苗木購入方法の実際や検疫等をスムーズに進めるポイント等を講演されました。

米本仁巳さん「ゴレンシの魅力と栽培法について」
ゴレンシの栽培実例からの経済性,品種,栽培方法等について講演されました。

種苗交換会、第1回沖縄支部総会(基調講演)及び現地検討会を開催しました

平成27年5月30日(土)
琉球大学農学部 他
参加者34名(沖縄県民、日本熱帯果樹協会員)

種苗交換会:
9名の会員から14品目の果樹苗と1品目の野菜苗、1品目の野菜種子が交換会に出品されました。
種苗交換会では、まず種苗を持ち寄った参加者同士での種苗交換を行いました。
その後、交換が成立しなかった種苗は、参加者全員の中から希望者を募り行われた種苗勝ち取りジャンケン大会の景品になりました。

第1回沖縄支部総会:
平成26年度の実績と平成27年度の計画について了承されました。
会員間の情報交換の活性化のため,各種イベントを開催します。

(1) 沖縄支部長あいさつ(安富徳光)
(2) 支部総会議案決議(東明弘)
(3) 基調講演(新城明久)
「熱帯果樹園における植物マルチ ー老人に易しく 美味しい農業を目指してー」
(4) 中締めの言葉(米本仁巳)

懇親会:
琉球大学の中央生協(学生食堂)で昼食会を兼ねて行われました。

現地検討会:
うるま市にある「M農園」で様々な熱帯果樹の栽培状況を見学する他、園主のN氏から熱帯果樹種苗の購入を行った会員もいました。

※詳細は、会報やニュースレターで紹介します。


【種苗交換会の様子】


【総会の様子】


【講演会の様子】

picture_150611_3
【M農園訪問の様子1】


【M農園訪問の様子2】