会則

日本熱帯果樹協会 会則

第 1 章 総  則
第1条 本会は日本熱帯果樹協会(Japan Tropical Fruit Association)と称する.
第2条 本会は熱帯果樹愛好家の交流や熱帯果樹に関する情報の収集・発信,イベントの開催などを通して日本の熱帯果樹文化の発展に資する.
第3条 本会の事務所は原則として事務局長の所在地に置く.
第4条 本会は第2条の目的を達するため次の事業を行う.
   1.情報の収集および会報,ニュースレターなどの発行
   2.講演会,交流会,イベントなどの開催
   3.国内外の関係団体,機関との交流,連携
   4.その他必要な事業

第 2 章 会  員
第5条 会員は本会の趣旨に賛同して入会した個人および購読会員とする。
第6条 会員は会報およびニュースレターの配布を受け,講演会,交流会,イベント等に参加できる.
第7条 会員は附表にしたがって会費を納入しなければならない.

第 3 章 役  員
第8条 本会には次の役員を置く.
会長1 名,副会長2 名,理事 若干名(うち 代表理事1名,事務局長1名,編集長1名,会計監査2名),幹事 若干名(事務局担当,編集担当,集会担当,各支部担当 他)
第9条 会長は理事会において選出する.理事は幹事の互選による.副会長,代表理事,事務局長,編集長,会計監査は理事の中から理事会の議を経て会長が委嘱する.幹事は会員の中から理事会の議を経て会長が委嘱する.
第10条 会長は本会を代表し,会務を総括する.副会長は会長を補佐し,会長に事故ある時はその代理となる.理事は本会の重要な会務を審議する.代表理事は会長の指示により会務全般の執行管理に当たる.事務局長は運営,会員窓口および出納事務を総括する.編集長は会報,ニュースレターおよびウエブ等による広報を総括する.会計監査は予算の執行状況を監査し,理事会でその結果を報告する.理事および幹事は会長の指示に基づいて会務を処理する.
第11条 役員の任期は3年とし,再任を妨げない.役員に欠員を生じた場合は理事会にはかり,補欠員を選任することができる.補欠員の任期は前任者の残存期間とする.

第4章 会  議
第12条 本会の重要事項は理事会で決定する.
第13条 理事会は会長が召集する.理事会は過半数の理事の参加により成立し,理事の意思表明により賛否を議論する.理事会が開催できない場合には,会長の指示により事務局長が電子メール等により理事の意思を確認し,賛否を決することができる.理事会においては,会則の改正,予算の決定,決算の承認,その他重要な会務を審議する.議決は参加理事の過半数により,賛否同数の場合は会長の決するところによる.

第5章 会  計
第14条 本会の会計年度は毎年4月1 日に始まり,3月31 日に終わる.

第6章 支  部
第15条 本会は支部を置くことができる.支部の設置は理事会の議を経て会長がこれを決定する.
第16条 支部に関する細則はその支部においてこれを定め,理事会の承認を得なければならない.

第7章 補  則
第17条 本会の会務執行のために必要な規定は理事会の議を経て,別に定めることができる.
第18条 本会則の改正は理事会の審議を経なければならない.

附  則 本会則は平成24年4月20日より施行する.

別表1.会費

種 別 1年会費 3年会費 5年会費
個人会員
購読会員
(団体) 5,000円
15,000円 13,500円
- 20,000円

日本熱帯果樹協会の組織図
会長(1名):理事会で選出

副会長(2名):理事の中から会長が委嘱

意志決定機関:理事会
理事(若干名):幹事の互選により選出
理事の中から代表理事1名,事務局長1名,
編集長1名,会計監査2名を会長が委嘱

会務運営
幹事(若干名):会員の中から会長が委嘱
事務局担当,編集担当,集会担当,各支部担当などの業務を分担

会 員
国内をブロックに分け,支部を設置,当面は5ブロックとし,
会員数により今後細分する.
① 沖縄,②石垣,③九州,④西日本(中国・四国・近畿)⑤東日本(中部・東海・北陸・甲信越・関東・東北・北海道)