会長メッセージ

chairman_1日本熱帯果樹協会 会長

石畑 清武(鹿児島大学名誉教授)

マンゴーやレイシ,アボカド,チェリモヤなど,熱帯果樹のさまざまな種類や品種には,それぞれの形,色,味わいがあります。フロリダやハワイ,そしてタイやフィリピンなどの人たちが,熱帯果樹を身近なものとして楽しんでいるように,日本でも楽しむことができるようにしたいものです。

米国フロリダ州にある民間施設であるフェアチャイルド植物園では,毎年7月にマンゴーフェスティバルが開催されます。会場には同園が収集している500以上の品種・系統のうち,230種を超える果実が展示され圧巻です。苗木販売場では同園の推奨品種の接ぎ木苗が販売されて,飛ぶように売れていきます。話題の品種の試食コーナーやマンゴーを使った調理品のコーナーには人だかりができ,会場を訪れる数千名の市民は思い思いにマンゴーを楽しんでいます。この街では,多くの人が1本か2本のマンゴーを裏庭に植え,生活の中で楽しんでいる様子がよくわかります。

日本熱帯果樹協会は,熱帯果樹に興味を持つ愛好家が集う会です。熱帯果樹に関する様々な情報の収集や発信,海外の愛好家との交流,品種の収集・保存などを通して熱帯果樹の楽しみを広げていきたいと考えています。熱帯果樹を愛する多くの方にご参加いただけるとうれしいです。