沖縄県中央卸売市場見学&種苗交換会を開催しました

平成28年7月30日(土)
沖縄県中央卸売市場(浦添市)
参加者11名(日本熱帯果樹協会 沖縄支部会員等)

会員の呼びかけで有志を募り、中央卸売市場での熱帯果樹の取扱状況を見学しました。

朝6時からの見学会でしたが、参加者からは「色々な熱帯果樹の販売状況を見ることできて面白かった」等の感想が得られました。

市場見学後は、会員等が育成した熱帯果樹種苗の交換会が行われました。

種苗交換会では、定番のマンゴーやアテモヤの他、種苗の流通量が少ないバンリュウガン、ケガキ、パラミツ、パンノキ等が出品されました。

その後、会員による「沖縄県における熱帯果樹の繁殖」と題した講演が行われました。




【市場に出荷された果実の説明を受ける会員等】


【持ち寄った熱帯果樹種苗の交換を行う会員等】

コメントは受け付けていません。